自主練習を続けているオリックスの山本由伸投手は14日、大阪市内の球団施設で、キャッチボールなどで調整した。ブルペンでは捕手を立たせたまま20球を投げ「投球フォームのチェックや、これまでと同じ体の機能...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ