巨人の田口麗斗投手が13日、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために川崎市のジャイアンツ球場で報道陣に非公開で行われた練習で142球を投げ、広報を通じて「捕手を座らせた感覚は確認できた」とコメントした...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ