西武は松坂が六回から登板し、変化球を巧みに操る投球で3回1安打無失点だった。3年目の与座も4回1失点で好アピールに成功した。ヤクルトは先発候補の高橋が4回1/3を投げて6三振を奪って2失点とまずまず...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ