阪神は先発の青柳が制球に苦しみながらも要所を締めて5回を1点に抑え、近本は適時打を含む3安打と存在感を示した。巨人で一塁の定位置奪取を目指す北村が二塁打に2点三塁打と長打力をアピール。鍬原は4回1失...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ