日本ハムは横尾が二回にソロ本塁打を放ち、三塁の定位置獲得をアピールした。先発のマルティネスは序盤のピンチを併殺で切り抜け、6回1失点。オリックスは田嶋が制球を乱し、3四球を与えるなど4回2失点だった...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ