西武は出遅れていた中村が先頭打者本塁打を放った。初球の速球を左越えに運んだ。打線は13安打、6盗塁と活発。高橋光は落ちる球が有効で5回1安打と安定。中日は吉見が4回で6安打を許しながら、粘りの投球で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ