楽天は岸が立ち上がり苦しみながらも最後は2者連続三振で締めて4回2失点だった。ブラッシュが2試合連続本塁打を放つなど島内、鈴木大との中軸が好調。DeNAは新外国人ピープルズが3回3失点と精彩を欠いた...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ