広島は開幕投手を務める大瀬良が3回で5安打を浴びても1失点と落ち着いていた。阪神は左足首の手術を受けた糸井が昨夏以来の実戦出場で2安打と全快をアピール。先発候補の新外国人、ガンケルが3回を無安打無失...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ