広島のルーキー、森下が先発して3回を2安打2失点。一回は制球が安定せず長打を浴びるなど2失点したが、二回から立て直し、修正力の高さを示した。ヤクルトの新人、吉田喜は低めを突く投球が光り、2回を完璧に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ