チーム最年長のヤクルトの五十嵐が、ブルペンで入念に投球フォームを確認した。左足を踏み込んで腰を落とした状態から始動して投げ、途中から目をつぶって投げた。  ずれていた制...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ