持ち味の伸びのある打球が右翼フェンスを軽々と越えた。オリックスの吉田正が紅白戦で実戦第1号の2ランを放った。一回1死一塁で山岡のシュートを捉え「甘い球を1球でしっかり仕留められて良かった。速い球に自...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ