ヤクルトのドラフト1位新人の奥川(石川・星稜高)は約40メートルのキャッチボールや傾斜を使ったシャドーピッチングをこなし、1月に発症した右肘の軽い炎症から順調な回復ぶりを披露した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ