ヤクルトの村上が特守として三塁でノックを受けた。全体練習後のサブグラウンドに選手は1人だけ。森岡内野守備走塁コーチの打つ球を30分、受け続け、さらに右翼からのバウンドした送球を処理する練習も行った。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ