ヤクルトの高津新監督は1日、現役時代と同じ背番号22を着けて第一歩を踏み出した。「自分ではあまり見えないけれど気持ちは引き締まった。ユニホームを着てみんなとグラウンドに立ててうれしかった」と充実感を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ