西武の外崎修汰内野手が17日、愛媛県今治市で練習を公開し、打率、出塁率の向上を目標に掲げた。昨季は打率2割7分4厘、出塁率3割5分3厘で「打率は高めの設定で3割、出塁率は4割台にできたら」と語った。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ