昨季パ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた西武の森友哉捕手が10日、沖縄県宜野湾市で、今季に向け「打撃に関してはシーズンを通して打率3割を残したいが、メインは捕手の方になる」と守備面での成長を誓った...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ