阪神の新人合同自主トレーニングが8日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で始まり、育成を含めた全8選手がキャッチボールやダッシュなどで汗を流した。ドラフト1位の西純矢投手(岡山・創志学園高)は「想像していたよ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ