広島の新人合同トレーニングが8日、広島県廿日市市の大野練習場で始まり、ドラフト1位の森下暢仁投手(明大)は笑顔でインターバル走などをこなした。「楽しく、自分らしくできた。1軍の舞台で、早く野球がやり...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ