広島の育成を含む新人9選手が7日、広島県廿日市市の大野寮に入った。ドラフト1位の森下(明大)は野球道具など最低限の荷物だけを持参し「野球に集中する、ということ」とプロとしての自覚を口にした。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ