西武は23日、多和田真三郎投手が自律神経失調症を患っていることを本人の同意を得て公表した。9月に頻脈性不整脈と診断されてから治療に専念していたが、その原因だという。復帰の見通しは立っていない。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ