阪神は18日、ピアース・ジョンソン(28)とラファエル・ドリス(31)の両投手との残留交渉を打ち切る方針であることを明らかにした。2人に代わる救援投手の獲得を検討している。谷本修球団本部長は「事実上...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ