初のタイトルとなる最優秀防御率を獲得した中日の大野雄大投手が6日、名古屋市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7千万円増の年俸1億3千万円プラス出来高払いの単年契約でサインした。「金額を聞いた時まずび...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ