野球の国際大会「第2回プレミア12」で初優勝を飾った日本代表の稲葉篤紀監督は18日、歓喜から一夜明け「選手に優勝を経験させられた。いい形で終われた。ほっとした」と実感を込めて振り返った。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ