台風19号の被災地を元気づけようと、プロ野球楽天の三木肇監督(42)が28日、宮城県丸森町の小中学校や避難所を訪れた。監督が選手の名前入りのタオルを配り「頑張りましょう」と呼び掛けると、受け取った小...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ