ソフトバンクが終盤の一発攻勢で勝負を決めた。七回に失策から無死一、三塁として松田宣の3ランで先制。八回に柳田のソロと福田の2ランで3点を奪った。高橋礼が7回を1安打無失点と快投し、モイネロ、高橋純、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ