阪神は2度リードを失いながらも粘って競り勝った。6―6の九回に先頭打者の大山の右中間への本塁打で勝ち越した。藤川が八回から登板して2回無失点で勝利投手となった。  巨人...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ