ソフトバンクが序盤のリードを守って逃げ切った。一回に中村晃の適時打で先制し、二回に牧原の犠飛で1点、三回に中村晃の2ランなどで4点を加えた。7―4の六回はグラシアルが2試合連続となるソロを放ち、八回...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ