ソフトバンクが終盤に粘りを見せ逆転勝ちした。2―4の七回にグラシアルのソロで詰め寄り、八回に長谷川勇の代打適時打と捕逸で逆転。九回に今宮、松田宣の適時打で3点を加えた。和田は4回3失点で降板したが、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ