阪神が粘り勝ちした。1―1と追い付かれた直後の八回、1死一塁で代走起用された植田が二盗、暴投で三進。梅野のやや浅めの中堅への飛球で生還した。投げては懸命の継投だった。七回に同点にされ、なお1死満塁で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ