阪神が終盤に6点差をひっくり返した。1―7の七回に代打木浪が適時打、北條は3点本塁打で計4得点。八回は木浪の適時打で1点差に迫り、北條が逆転の2点三塁打を放った。六回以降は救援陣が無失点。8番手の藤...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ