互いに決め手を欠き引き分けた。ソフトバンクは2点を追う六回に三ゴロ野選の間に1点を返し、七回に牧原の適時打で追い付いたがその後がつながらなかった。オリックスは同点とされた七回以降は、1安打に終わった...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ