阪神が接戦を制した。一回に福留の適時打で1点を先制。1―1に追い付かれたが六回に高山が押し出し四球を選び勝ち越した。ガルシアは六回途中まで1失点で6月2日以来の3勝目。巨人は打線が3併殺打など拙攻が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ