「松坂世代」の一人であるヤクルトの館山昌平投手(38)が今季限りで現役引退を決意したことが8日、球団関係者の話で分かった。今季は6月12日の楽天戦で先発して初登板したが、3回3失点で黒星を喫し、その...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ