西武が2―2の八回に山川の適時二塁打で1点を勝ち越した。七回以降は小刻みな継投で得点を与えず、小川が4勝目を挙げ、増田が26セーブ目。楽天は六回に追い付く粘りを見せたが3併殺と打線がつながらず再び勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ