日本ハムは一回に中田の犠飛と渡辺の適時打で2点を先制した。三回には5安打で2点、四回には渡辺の3ランなどで4点を奪った。有原が6回4失点で両リーグ最多の14勝目。オリックスは終盤に追い上げたが今季ワ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ