阪神が接戦を制した。四回に三塁打の福留がマルテの遊ゴロで生還して先制し、五回は近本が適時三塁打。6回を3安打、無得点に抑えた岩貞が3月30日以来の2勝目。ジョンソンの好救援も光った。巨人は七回の逸機...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ