オリックスは3―4の八回に小島の適時打、宗の犠飛などで3点を挙げて逆転し、九回に小島、安達の適時打などで4点を加えた。4番手の海田が3年ぶりの白星を挙げた。ロッテは投手陣が粘れず、勝率5割を切り4位...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ