ソフトバンクが接戦を制した。0―1の三回にグラシアルの犠飛で追い付き、四回2死三塁から暴投で勝ち越した。2番手で3回を無安打に封じた椎野が4勝目、森が26セーブ目を挙げた。西武は打線が振るわなかった...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ