ヤクルトは三回にバレンティンの適時打などで2点を先行し、八回は代打荒木の適時打で1点を加えた。ブキャナンが8回無失点で3勝目。中日は八回まで散発4安打。九回にハフから4長短打で1点差に迫ったが、反撃...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ