楽天が3点差を追い付き、延長十二回、5時間15分の末に引き分けた。1―4の四回に和田の適時打で1点を返し、七回に浅村の26号2ランで同点とした。日本ハムは七回に追い付かれたが、十回から村田が3回を無...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ