ソフトバンクは0―4の六回に甲斐、内川、デスパイネの3適時打で1点差。七回に甲斐の犠飛に失策が絡むなどして3点を奪い、逆転した。千賀が7回4失点でリーグトップに並ぶ11勝目を挙げた。日本ハムは有原が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ