中日は3点差を追い付き、延長十二回の末に今季初めて引き分けた。アルモンテが六回に適時打、八回も2点二塁打を放った。岡本の2ランで先制した巨人は中川が打たれてリードを守れず、打線も六回以降は無安打だっ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ