DeNAが接戦を制して6連続で同一カードの連戦に勝ち越した。5―5に追い付かれた八回、宮崎の二塁打などで1死三塁として捕逸で1点を勝ち越した。巨人は岡本の3ランなどで粘ったが、ミスが出て今季ワースト...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ