中日は2年目の山本がプロ初勝利を挙げた。四回以降はピンチが続いたが、2併殺打で切り抜けるなどして6回1失点。アルモンテら打線が奪ったリードを継投で守った。青柳が10安打を浴びて劣勢となった阪神は反撃...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ