西武は7―7の延長十回1死一塁で秋山の遊ゴロを中島が後逸する間に、スタートを切っていた走者の木村が一気に生還してサヨナラ勝ちした。日本ハムは九回に近藤の3ランで追い付いたが、最後はミスに泣き連勝が4...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ