日本ハムは先発の有原が七回途中4失点ながら自己最多に並ぶ11勝目を挙げた。2―2の五回に大田、渡辺の適時打などで3点を勝ち越した。救援陣も粘り、九回を締めた秋吉が17セーブ目。オリックスは終盤の反撃...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ