阪神は0―1の五回に近本の7号3点本塁打で逆転し、八回は押し出し四死球で加点。西は内外角に制球良く投げ分け、7回2失点で5月10日以来の4勝目。ヤクルトは今季初先発の山中が一発に泣き、阪神戦6連敗(...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ