ロッテが連敗を4で止めた。一回にレアードの2点適時打、清田の適時打、三家のプロ初本塁打となる3ランなど打者一巡で一挙7点を挙げた。種市は5回2失点で5勝目。日本ハムは堀が四回途中8失点と乱れ連勝が5...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ