広島が連敗を11で止めた。一回に鈴木の2点二塁打や松山の適時打などで4点を先制。三回には会沢と安部の適時打で2点を奪った。九里が6回3失点で4勝目を挙げた。DeNAは井納が3回6失点と誤算だった。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ