ヤクルトは2―2の七回に代打雄平の適時打で勝ち越し、八回に中村の適時打、広岡の犠飛、代打荒木の2点二塁打で4点を加えた。高橋が6回2失点と粘り、七回を抑えた近藤が3勝目。DeNAは2年連続で前半戦を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ